眠れと言う支持を仰ぐもの

メラトニン、セロトニン、成長ホルモンをご存じでしょうか??

睡眠に関係しているホルモンと言えば、メラトニン、セロトニン、成長ホルモンと言ったものをみなさんは意識することでしょう。

メラトニンは、眠りと、目覚めをコントロールします。

外界が暗くなった時には、メラトニンは、私達に「眠れ」という指示を送って来ます。

いわば、私達の身体にもともと備わっている睡眠剤と言うところでしょうか。

しかし、メラトニンの機能はそれだけではありません。

体の抗酸化作用を持っていることは、みなさんはご存じでしょうか。老化を防止するためにもメラトニンは、効果的作用を持っています。
メラトニンは、光の量によって大きく左右されます。

だから、就寝少し前であれば、部屋の照明など、落とすことも有効的な方法です。

本来夜であるのに、部屋が明るいというのは、メラトニンの効果を有効的に活かすことは出来ない状態です。

カーテンで仕切り、夜を作るということがひょっとしたら若さの秘訣かもしれないですよ。
成長ホルモンは、睡眠後に作りだされます。

骨を成長させる、筋肉を増強する、痛んだ組織を修復しる、脳を休ませる・・・という作用を発揮してくれます。
しかし、セロトニンは逆に睡眠している間にほとんど作られません。

朝、目覚めて光りの刺激を受けた時に作り出されるものです。

癒しのホルモンともいわれています。

心を安定させてくれる効果を持っています。