睡眠の妨げとなるモノは控えましょう

睡眠のためのイイモノとワルイモノ

 

睡眠のために、あまり良くないといわれているものの中には、カフェイン、アルコール、たばこ、と言ったものがあります更に、食事に対してもいろいろ配慮していかなければならないのです。

もしも、眠れない・・・という悩みを持っているのなら、そのようなものに対して配慮をしていただきたいと思います。
コーヒー、そして、紅茶にも多くのカフェインが含まれているのは、多くの人たちが既に知っているでしょう。

それは事実であり、カフェインの覚醒作用によって眠ることが出来なくなってしまうのです。

ですから、そのような飲み物は出来る限り控えてハーブティーなど飲むようにしていただきたいと思います。
そして、意識していただきたいのは牛乳です。

牛乳には、脳神経の興奮を抑える効果があります。

更に牛乳に含まれているトリプトファンと呼ばれるアミノ酸はメラトニンに変わり、眠気を促してくれるといわれています。

なかなか、眠れない時にこそ、是非、みなさんに一度牛乳効果を試していただきたいと思います。
さて、アルコールはどうでしょうか・・・。

アルコールは、精神の緊張を解し、それによって寝付きは良くなります。

しかし、すぐに体内で分解されてしまうために、快眠の途中で目が覚めてしまうといわれています。

したがって、アルコールの場合、中途半端な眠りを作りだしてしまうようです。
そして、アルコールはどんどんアルコールの依存度も高くなってしまうことにも注意が必要です。

たばこも、覚醒作用を持っているものなのて注意をしてください。