睡眠のメカニズムを考えてみる

レム睡眠・ノンレム睡眠について

皆さんが必ず必要としているものが睡眠ですが、案外睡眠のメカニズムは判っていないものなのではないでしょうか。

睡眠を、分類すれば、レム睡眠と、ノンレム睡眠に分けることが出来ます。

レム睡眠は、浅い眠りのことを言い、ノンレム睡眠は、深い眠りのことを言います。

ノンレム睡眠によって脳ははじめて休息しているといわれています。
レム睡眠の場合、ここで、記憶と感情の調整が行われているといわれています。

ノンレム睡眠は、更に4つのレベルに分類されます。

3・4レベルであれば、かなり深いノンレム睡眠と言うことになります。

ここではかなり脳の活動は休止して、生理機能も低下、心身ともに休息をしている状態です。

私達は、睡眠の中で、3・4レベルのノンレム睡眠をしっかり確保していかなければならないということも言えます。
睡眠のメカニズムは、ノンレム睡眠と、レム睡眠をセットにして、90分サイクルで繰り返されているといわれています。

そして、更に睡眠直後、3時間に一番深いノンレム睡眠が現れるともいわれています。

ノンレム睡眠、レム睡眠のことを知り、もう少しみなさんに効果のある眠りの体験をしていただきたいと思います。